そらの一大事

16歳の女の子のパピヨン(そら)を飼っているのですが、昨日の夜、それまでは何ともなくただお布団で寝ていただけだったのに、急に後ろ足を引きずりながら歩いていてびっくりしました。

初めは、起きてお水を飲みに移動し始めた感じだったんだけど、凄くふらついていて。まともに歩けていない状態で、後ろ足を引きずっているんだけど立つことも出来てない状態で・・・。

そら自身、何が起こったのかちょっとパニック状態でどうにかして立って歩こうとしているんだけど動けなくて、体を引きずりながらお部屋の中をウロウロしてて・・・。

ホント、こういうことって急に起こるから怖いですよね。

知識もないし、どう対処したらいいのかもわからず、私もパニックで。とりあえず夜間にやっている病院を探してみるものの岡山市の方では夜間やっている病院が全然見つからなくて。

『急患の場合はとりあえず電話してみてください』

と書かれていても、電話繋がらなかったりしてほんと焦りました。

結局、倉敷の方の夜間対応してくれる病院を見つけてとりあえず電話して症状を伝えてみたところ、先生曰く、

『いくつかの原因が考えられるけど、状態が落ち着いたのであればこのまま安静にして様子を見て、明日にでもかかりつけの病院に連れて行ってあげてください』

とのことでした。脳に何か異常が起こっている可能性もあると言われて、年も年だから・・・・と(´;ェ;`)ウゥ・・・

頭では理解していても、近い将来そういうときが来ることが分かってはいても、なかなか冷静な対応って難しいですね。

とりあえず、今日の朝一番で病院に連れて行って診察をしていただいた結果、

『今普通に動けているのであれば、とりあえずは大丈夫。』

と言われました。後、

『はっきりとした原因は分からないけど、おそらくちょっとした脳梗塞が起こって左半身麻痺になったのではないか。』

とも言われました。ただ、脳梗塞でもし脳の中で出血などが起こっていたらもう生きてはいないと思うから、今普通に動けているのであれば今のところは大丈夫ですよとも言われました。

年も年だし、心配事は尽きないですね・・・。

今はもう、ほんと耳も聞こえてないような状態だし足腰もやっぱり弱っているし。先生曰く、いつもそらが寝ているお布団の高さは、もしかしたらそらにはもうちょっときつめの高さなのかもしれないねと。

小型犬だし、お布団の高さですらちょっとしんどいくらいの年なんだなって思うと悲しいけど・・・。今後また、しびれが出たりとかがあるかもしれないから、極力そらの体に負担にならないような、環境づくりをしてあげるのがいいかもしれないね、とのことでした。

普通に布施下状態のままで寝たりすると、やっぱり体の血の巡りとかも悪くなるらしく。そらはよくスフィンクスのような体制のままうとうとすることがあるんだけど・・・それは寝心地が悪いせいなのかもと!

ゆっくり寝られる環境づくり、早急に頑張ります!一日でも長く、元気で過ごしてもらえるように出来ることから始めていきます!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。