不労所得~旅するカフカ~

「不労所得」という言葉を聞いたことがありますか?

読んで字のごとく、労力なしで所得が入る事ですね。
一般的に「家賃収入」などがこれにあたります。

アパートやマンションを所有していれば、それを誰かに貸す事で「家賃」が発生します。その家賃は、自分が労力をかけずとも、毎月必ず入ってくるお金です。家賃収入だけで収入を得ている人もたくさんいらっしゃいますよね。

そんな不労所得ですが、額面的には「歌手」が強いそうです。
先日、ふとネット上でみかけた記事に、

「1曲だけで年間1200万円入ってくる」

という記事がありました。自分で作詞・作曲を手がけてリリースした「曲」は
カラオケなどで歌われる度に、1回2円~7円がキックバックされるらしいです。

その人の曲はカラオケで1回歌われると、7円の収入が入るらしいです。

1回歌われると7円なので、これで毎年の印税が1200万円だから、年間170万回ほどカラオケで歌われている計算になります。

もっと逆算していくと月間で14万回、毎日だいたい4800人ほどの人がカラオケでその人の曲を歌っている事になります。

もちろん、曜日によって歌われる回数に差はあると思いますが、1曲の不労所得が1200万円って夢のようですよね。

家賃収入などは、アパートやマンションの管理費などが必要ですが、「曲」は管理が不要なのでかなり経済的です。

そういう観点から見ると、「歌手」で1発当てると大きいですね!

でも、「曲」で不労所得を得ようと思うと、もちろん「才能」が必要不可欠になってきます。

誰でも作れるような曲でここまで高額の不当所得なんて得られません。

ただ、、、

「不当所得」とまでは言わないけれど、アフィリエイトもそれと同じくらいの収入が見込めます。

不労所得では無い理由としては、PPCアフィリエイトならば管理が必要ですし、サイトアフィリなら記事を追加していく必要があります。

なので、自分が完全に手をつけない状態で収入になる「曲」には敵いません。

ただ、手のかかる部分を人に任せてしまえば、それは不労所得にもなりますよね。

よく、「アフィリエイトの仕組み化」と聞きますが、仕組みさえ作ってしまえば、それは不労所得にもなり得ます。

また、安定して毎日成果が発生するようなサイトは、最低限の管理だけで収益化できてしまいます。

そう考えると、才能が最重要な歌手に比べて、アフィリエイターはかなり有利ですよね。インターネットがここまで普及した昨今、少し前までは考えられなかった稼ぎ方がたくさん出てきています。

ぜひ、新しい稼ぎ方の情報にアンテナを張って、少しでも多くの「不労所得」を得ていきたいですね。

今が参入タイミングのストック型アフィリエイトとは⇒メルマガ登録フォーム


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。