今後の仕事について考えてみました~旅するカフカ~

人間が行う仕事の約47%はこの世から消滅すると言われていることをご存知ですか?

電車の運転手
レジ係
通訳・速記・ワープロ入力
プログラマー
新聞配達員
郵便配達員
レンタルビデオ
ガソリンスタンド
高速道路の料金徴収業務
仲卸業者
小規模農家・兼業農家
大手電力会社
自然エネルギー関連
参議院議員
専業主婦
日本人の取締役
中間管理職
受付・案内業務
一般事務・秘書
オペレーター・コールセンター
訪問型営業
金型職人
倉庫作業員・工場労働者
コピー・FAX・プリンター関連
証券・不動産・ブローカー
ヘッジファンドマネージャー
証券アナリスト・FP
生保レディ
教員
交番の警察官

これらの職業は10年後になくなり、人間が行う仕事の約47%は、この世から消滅すると言われています。そんな衝撃的な予測をするのは、オックスフォード大学で人工知能などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授です。

これまで人間にしかできないと思われていた仕事が次々にロボットなどに切り替えられようとしているのです。私の今の仕事も、なくなっていく仕事リストの中に含まれていました。

「そんなバカな・・・。」

そう思われるかもしれません。私もそう思いたい人の中の一人なのですが、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授にそう言われてしまうと、本当なのかもしれない!と、焦る気持ちを抱いてしまいます。

特に製造業は、これからロボットが人間の仕事を奪う時代になるでしょう。
ロボットなら作業事故で命を落とすことは無いですからね。

コンビニやファミレスなどレジも徐々にセルフレジが導入され、近い未来本当に消滅するでしょう。現在は大手スーパーなどではすでにセルフレジが導入されていますよね。私もよく利用するのですが、これがあれば確かに人件費はカットできると思います。

冗談ではなく数年後、このままだと単純労働者は無職になる運命が待っているのです。

では、これからの時代、我々はどうすればいいのか?
その一つの答えが此処にあります。ぜひ、無料メルマガに登録して今後のことについて真剣に考えてみてください。

メルマガ登録フォーム


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。